2017年5月25日木曜日

梅雨入り前にエアコン点検しましょう。


先日ですが、梅雨入り前のエアコン点検に伺いました。

内機側面を見ると、未来の日付が・・・西暦?
いや、平成17年ですよね。

年月の経つのは、本当に早いものです。

本体に日付を書いてしまうお客さんもスゴイと思いますが、
会社名と施工者名も書いて有ると、感激ですね。
(専用ステッカーでも作りますか?)

今回は、簡単なフィルター清掃と動作確認で終了でした。


点検後「家族の一番居る部屋にLED照明」を勧めましたら
後日注文を頂きました。

ご用命、ありがとうございました。
担当:石川






2017年5月24日水曜日

太陽光発電所の維持管理 遠隔監視装置について

本日、当社一押しの遠隔監視装置「ひだまりeyes」の社内勉強会を行います。
開発者のタケイエナジーの武井社長が岐阜県からお越し下さり、
監視装置の運用について学びます。
セミナーの開催趣旨については下記のリンクでご確認ください。

ひだまりeyesのブログはこちらから

太陽光発電所の販売施工だけでなく
維持管理の仕事を積極的に進めています。

当社が設計施工した発電所にはすべて遠隔監視装置を設置しています。
調子が悪ければアラートメールが届き、現場確認に行く体制を整えています。

驚く事に、日本の太陽光発電所に遠隔監視装置が取付てある割合は20%程度と言われています。
実際に他社が販売施工そた現場の点検依頼を受けて伺うと、
ほとんど取付されておらず
20%と言われている数字もあながち嘘ではないなと実感しています。

これまで、たくさんの点検をしてきました。
不良品のパネルやパワコンの故障など様々な不具合の発見実績があります。

買った所に点検を頼んだらなんでも無いと言われた。
異常なしという報告だったというお話もよく聞きます。

これはいつから壊れていたんだろう?
膨大なロスだったのでは???
と思う事度々です。

売電の振り込みがあまりに少ないので故障に気がついたという
オーナー様もいらっしゃいました。

当社におまかせいただけれは、外房地域なら故障当日の対応が可能です。

故障しているのに何日も待たされた、そんなストレスもありません。
外房地域の太陽光発電所の維持管理はスーパーデンキにお任せください。

2017年5月23日火曜日

たとえ詳細不明でも

 先日、古い石油給湯器のリモコンがおかしいとの事で点検に伺いました。
リモコンの一部のランプが点灯してしまうのですが動作には問題ありません。念のため給湯器本体の点検をしたところ灯油漏れを確認しました。おまけに排気塔の様子から不完全燃焼も疑われます。





給湯器交換をご用命いただいたのですが現行機種の情報が何もありません。メーカーは廃業してしまい大手機器メーカーのデータベースにも情報がありません。そこで設備屋さんといろいろ調べて適合する機種を探しました。



少し時間がかかりましたが最新式に交換して安心して使えるようになりました。リモコンの使い勝手も良くなりました。ありがとうございました!(水野)






2017年5月22日月曜日

エアコン工事 大多喜町

古民家の広い空間に天井カセット式エアコンを設置しました。
三相電源を使用して、能力は3馬力。
室内機パネルの色はブラックを選択しました。
その設置場所に合った色を選ぶ事も大事な事ですね。
ちなみに、ブラックパネルは受注生産のため納期は1カ月程度です。
                           (畑)

2017年5月20日土曜日

変なところから水漏れが・・・

「洗濯をしていると、ブロック塀の下から水が漏れてくるんだけど???」

現場に急行したところ、確かにジワーッと水漏れを確認。


基礎の下からにじみ出ています。

塀と建物の間にコンクリートの排水枡がありました。
これが怪しいという事で蓋を開けてみましたら


こんな感じ。
汚い写真ですがよりリアルな説明のためなので・・・。


寄って見ると、配管の周りが隙間だらけです。
全部の枡を点検したところ、ほとんどすべてがこの状態。
築30年以上経過していますから、
最初に詰めたモルタルが取れたのでしょう。


モルタルを詰め直して改修しました。
ただ詰めれば良いというものではありません。
下地をちゃんしないとまたはがれます。
その辺りは職人の腕次第。

「水漏れ止まりましたー!」と弾んだ声で
今朝、早速お客様からお電話をいただきました。
お役に立ててよかったです。

2017年5月18日木曜日

ソーラーシェアリングの見学 トロッコ列車が・・・。



先日ですが社長に同行して見学してきました。
ソーラーシェアリング上総鶴舞。
オーナーの高澤真さんと当社の社長がFacebookでお友達というご縁です。

農家の後継者不足と高齢化が問題となってます。
太陽光発電と農業の共生。
今回、とても夢のある話を聞く事が出来ました。

太陽光発電所の下で営農ができるんです。
農地転用が出来ずに諦めていた農地にも設置できる可能性があります。
当社でご提案可能です。

ビニールハウスでは自家発電で水耕栽培。

豊作ですね。

幻想的な竹林にて

豊作です。

石焼たけのこ。香りが辺り一面に・・・。

美味、美味。


ついでですが、太陽光・畑のすぐ前を観光用のトロッコ列車が走っていました。

いすみ鉄道・小湊鉄道 いろいろ企画を実施して頑張ってますね。

(石川)

2017年5月16日火曜日

減災対策しませんか

 「通電火災」というのをご存知ですか?
大規模地震の後、停電が復旧したときに損傷を受けた電気系統がショートして起こる火災です。
阪神淡路大震災の火災の要因とも言われています。避難するときにブレーカーを下げればいいのですがなかなか余裕は無いですよね。


そこで「感震ブレーカー」です。






一定以上の揺れを感知するとブレーカーを遮断してくれる機器です。これで万全というわけにはいきませんがあれば安心の機器です。我が家の減災対策もお気軽にご相談ください。(水野)