2011年11月5日土曜日

床下換気扇

床下換気扇の取り付けを行いました。問い合わせの多い商品の一つです。
やみくもに取り付けても効果が実感出来ない場合も多く、消費者センターへの相談や苦情も多い商品となっています。
正しく取り付れば効果は現れます。
取り付ける必要が無いのに勧められるがままに取り付けてしまっているお宅も多いのも実情です。

私達は状況の診断を適切に行う事を心がけています。
「押入れにカビが生える」
「畳の表面がなんとなくジトジトしている」
「ダニに刺されて困っている」
「畳にカビが生えた」
などといった現象が全く見られない場合は、あまり気にしなくて良いと思います。また、それらの現象があっても必ずしも床下の湿気だけが原因とは限りません。 床下の湿気が特に高い場合を除いては、これらの商品の提案はしていません。
取り付ける台数ですが、1階の床面積が30坪位までの普通の床下の家なら、機種にもよりますが2〜4台で充分です。費用は機種やメーカーによって違いますが、 取り付け工事費込みで大体10数万円から高くても30万円位までです。これを大きく上回る見積りを出された場合は、ご注意下さい。
床下の空気の流れを設計することは大変に難しい事です。基礎や通風口の形状を把握し、 方角等も考慮し、できる限り空気のよどみが無くなるように配置します。どうしても重要な部分がよどんでしまう場合には、その場所に撹拌送風機を設置して空気を移動させます。 正しく設置し、機能し始めると畳や押入れに生えたカビなどは次第に取れてしまいます。その効果は必ず実感できるはずです。